ネット副業においても、課税の対象になる場合があります。では、実際にどのような人がどのような金額で課税の対象になるのか確認していきたいと思います。
・サラリーマンやパート・アルバイト収入がある人の場合
ネット副業ということで、本業を持っている人が多いと思います。そこで、注意すべき数字は20万円です。ネット副業の年間所得が20万円を超えると納税義務が発生します。そして、確定申告が必要となります。言い換えれば、20万円以下の場合は不要です。
ネット副業の収入は雑費得として計算され確定申告を行うことになります。ここでの注意点として、会社にネット副業のことを知られたくない場合は、住民税を「特別徴収」ではなく「普通徴収」に選択することをおすすめします。そうすることで、会社にバレずにネット副業の確定申告を済ませることが可能です。
・仕事をほかに行っていない場合
専業主婦など仕事をしていない場合は、38万円をこえると納税義務が発生します。38万円を超えると専業主婦の場合、配偶者控除などが受けられなくなる可能性があるため、この数字には注意が必要です。
・ネット副業にも経費が認められています!
20万円、38万円と聞くと、非常に金額が低く、確定申告など面倒に感じるかもしれません。しかし、これはあくまでも所得であって収入ではありません。所得というものは、収入から必要経費を差し引いたものを指し、これは、ネット副業でも認められています。
ネット副業の必要経費と言えば、パソコンダイヤネット回線費用、ソフト代や振込手数料など細かなものがたくさんあります。また、自宅であっても家賃や光熱費などを使用率分、経費として計上することが可能です。
これらを年間で計算すると、意外とまとまった金額になることも多く、経費として十分通用するものとなります。
・とにかく、管理が必要!
ネット副業の場合、とにかく、必要経費の管理を面倒がらずに行ってください。迷った領収書などは保管することを基本とし、7年間は管理しておきます。そうすることで、万が一の際も安心です。
また、収入が増えてきた場合は、開業届を提出し「事業所得」とすることもおすすめします。
とにかく、初めのうちは収入などを気にせず、どんどん頑張ってください。その後、所得に応じて税金のことについて考えても遅くはありません。
ただし、領収書の管理だけは早め早めから行っておくことをおすすめします。